So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

地震後、いなくなった猫 [甥っ子・姪っ子たち]

我が家も、弟の家も被害はなかったが
弟の家では、とんでもないことが起きた。

飼っている猫が、忽然と姿を消したのだ。

猫は2匹、これはきょうだいで飼っているのに
1匹だけが、いなくなってしまったのである。

一体、どこに逃げたのか???

続きは、こちらから


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

6月18日地震のまとめ(自分の備忘) [政治・経済・時事ネタ]

全国1億2,000万人の読者の皆様、
ご心配をおかけしましたが、
京都府南部は震度5強、私は無事です。

朝、JRの快速に乗車して、
わずか1分後に地震に遭遇。
スマホをいじっていたら、
急に画面に例の地震速報が出て
「え? え? え?」
と思ったら、電車が急停車しました。
揺れは、まったくわかりませんでした。

停車から約1時間、
(全然、運転再開にならへんなあ)
と思っていたら、
「希望する人は、電車から降りて
 線路沿いに道路へ出て、隣の駅へ行ってくれ」
というアナウンスがあり、
「よし、降りるぞ」と前に出ました。

JRの職員さんがドアを手動で開けて、
非常用アルミはしごの下に、電車の座席を置いて
それを踏み台にして。
(写真を撮ってる余裕なし)

電車の座席がはずれるのは知っていたけど
実際に土足で踏んで降りると
非常時の危機感がビシビシと伝わります。

線路を歩く様子は、これ。
300618_earthquake.jpg

写真では、前の人とすごく離れているように見えますが、
実際は数メートルです。
「枕木(の石)を踏んで歩いて下さい」
というアドバイスがありました。

一般道路に出られる通路のところに
またJRの社員さんが立っていて、
誘導していました。

おかげで、無事に
自宅まで歩いて帰れました。

なるほど、これだけの人員を配置するのに時間がかかるのね。
職員さんの中には私服の人もいて、
どれほど急に呼び出されたか、よくわかりました。

なお、最寄りのJRの駅には
近くに会館があるのだけど、
そこがJRの休憩所として準備されていました。

私は行かなかったけど、そんなものまで用意するのか。
大変だなあ、JRさん。

自宅に帰りついたら、
たか(20歳の甥っ子)が早々に来てくれていて、
母はすっかり安心していました。

頼りになるようになったなあ・・・(感慨)

姪のあやも、高槻市内の大学にいましたが、
研究室の先生に車で送ってもらって
無事に自宅に帰れました。

義妹だけが、会社から
「タクシーに乗ってでも出勤して」
と言われ、運が悪いことに大阪市内にいたので
そのまま出勤しました。

ちなみに、地元の銀行に
派遣社員で勤めている従妹も
出勤して、と言われて
電動自転車で行ったそうです。(叔父談)

どちらも、東証1部上場だぜ、
すごいねえ、仕事厳しいねえ。

うちは、休みにしてもらいました。
在来線、止まってますしね。

ライフラインは、大丈夫。



nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

電車、全く動かず [政治・経済・時事ネタ]

JR京都線の快速、全く動かず。
阪急は緊急避難を始めるようだと
義妹から連絡が入っているのに
JRはどうなのよ…
まあ、みな無事だから、いいか。

トイレのそばに乗っていたお陰で
悠々と用を足せて、
それは助かった。

nice!(2)  コメント(0) 

震度6弱! [政治・経済・時事ネタ]

JRの中で遭遇。
私は無事。
母も無事…電話がかかってきているが、取れない。かけても繋がらない。
義妹も無事。

nice!(1)  コメント(0) 

「はちみつのお酒」を飲んだ感想 [食べ物・飲み物の話題]

インターネットで
「Twitterでバズってる 
 はちみつのお酒がめっちゃおいしかった」
という記事があったのだが・・・

そうですかね?

というのも、うちにも
このお酒があったからだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

養命酒 〜山田養蜂場蜂蜜使用〜はちみつのお酒250ml×1本
価格:880円(税込、送料別) (2018/6/18時点)

 

うーん、
母は「おいしい、おいしい」と
一人で1本、飲んでしまったが、
私は、ほんの少しの「養命酒くささ」がいやだった。

やっぱり、おいしいのかなぁ?

でも!
個人的には、これより
桂花陳酒か梅酒の方が
くせがなくて、おいしいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桂花陳酒【紹興酒】
価格:529円(税込、送料別) (2018/6/18時点)


 


 

まあ、
インターネットを何でも信じなくていいという好例ですね。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

俵万智さんの短歌を深読みしすぎた [映画・TV・美術・文学の話題]

先日の記事「ゆうらりと母のとなりに眠る夜は」で
俵万智さんの短歌
「ゆうらりと母のとなりに眠る夜は
 登場人物なき夢をみる」
を、
「介護に疲れた女性をうたった歌ではないか」
と書いたが、その全文を撤回する。

原本「かぜのてのひら」を読んだのだが
その歌が収録されている章「高き窓」には
こんな歌がその前に収録されていたからだ。

「吾の暮らすサンコーポ・ベルに母が来て
  高き窓より見る夕景色」

「『よくバスの通るところね』
  排気ガス濃き町に住むあなたの娘」

「5のついた通信簿見せるごとく
  母に見せおり『給料等明細書』」

なんのことはない、
作者の母は、ごく普通に
娘が一人暮らしをする部屋を訪ねて
その日は、そこに泊まっただけだったわけだ。

私の深読みしすぎでした、
すみません!


【原本に当たってみたい方はこちら】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かぜのてのひら [ 俵 万智 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)

 


nice!(1)  コメント(2) 

また傘を無くした [とりとめのない話題]

傘をなくした。
今月にはいって、2本目である。
さすがに多くないか?

なくしたというか、どちらも
JRの車内に置き忘れてきたのだった。

どちらも、降車して数秒後に、
「あ、傘を忘れた!」
と気づいたが、
すでにドアは閉まり、
電車は無情に走り去っていった。

どちらも、すぐに
駅で駅員さんに対応を頼んだが
(忘れ物システムに登録)
もう戻っては来なかった。

戻るわけ、ないよね。
23時前のガラガラの車内のドア横に
ほぼ新品の傘がポツリ。
「ご自由にお持ち帰り状態」だよね。

1本目の傘は数年使っていて少し傷んでいて
なくしても、あきらめがついたが、
2本目の傘は
6月3日に百貨店で買ったばかりで、
さすがに立ち直れない。

いよいよ、ボケ始めたのかな・・・
(T T)


nice!(2)  コメント(4) 

「ピーターラビット」いわば「テッド」のうさぎ版 [映画・TV・美術・文学の話題]

むかし、ウサギを飼っていたことがあったので
この「ピーターラビット」は興味津々だった。

しかも予告編が、ひどいWWW
めっちゃ、笑える!




はっきり言って、ストーリーも
あのテディベアの「テッド」並みに笑える。
とにかく、ピーターが悪いウサギでねえ!
人間以上の悪知恵で、ろくなことをしでかさない。

ベアトリクス・ポターのあの麗しい
ピーターラビットを想像する人は、
絶対に見てはいけない。


しかし、面白かったわ。
「テッド」が面白かった人は、きっと笑えます。

まあ、映画館に行ってまで見て!とは言えないが、
地上波で放送するなら、また見よう。

めっちゃ甘い評価ですが、★★★★で。
(「万引き家族」と一緒かよ!)

あのうさぎのCGだけでも、見る価値はある。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「万引き家族」家族の真の姿とは [映画・TV・美術・文学の話題]

母と「万引き家族」を鑑賞。
なんといっても、
カンヌ映画祭でパルム・ドール受賞は
日本人21年ぶりの快挙とか。
監督は是枝裕和で、
リリー・フランキーと樹木希林が出るとなれば
これはもう、見るっきゃない!

母いわく
「上沼恵美子が絶賛していた」
そうであるWWW
が、内容的にかなり考えて観る映画だった。

個人的には、★★★★

家族が三世代にわたるため、
登場人物が多く、
後期高齢者の母は、結局、
「よくわからない」と言っていた。

映画館内でも、
笑いも、すすり泣きも殆んど
起こらず
みんな、内容を理解しようと凍りついたように観ていた。

簡単にいうと、
「血がつながらなくたって家族だ」
という「温かい崇高な理想」を
ボロボロにしてくれる作品だ。

続きは、こちらから(ネタバレ、大あり。知りたくない人はここで帰ってよし!)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「蚤とり侍(のみとりざむらい)」・・・論評を避けよう [映画・TV・美術・文学の話題]

友人と「のみとり侍」を鑑賞。

どんな映画かというと、
作家・小松重男の時代小説「蚤とり侍」を、『後妻業の女』などの鶴橋康夫監督が映画化した時代劇。
裏稼業である「のみとり」を命じられた武士が、人々に助けられながら奮闘するさまを描く。
エリート藩士から「のみとり」になってしまう主人公に阿部寛がふんするほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、落語家の桂文枝らが出演。

どうですか?
観たいでしょう? 
「武士の家計簿」や「殿、利息でござる!」、
阿部寛が浪人なら「柘榴坂の仇討」、
はたまた「テルマエ・ロマエ」あたりを想起させるでしょう?

やめとけ。

他に観るべき映画は多いのだ。

続きは、こちらから(読まなくても差し支えなし)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

青もみじの寺 [とりとめのない話題]

最近は、「青もみじ」なる単語があるようだ。
要するに、紅葉してない「ただのもみじ」だけど、
こんなサイトまであった。

京都 青もみじ情報

ちなみに、父が眠る寺の「青もみじ」はこちら。
(クリックで拡大します)
300602_ao-momiji.jpg
個人的には、静謐な感じが気に入っている。

そして、紅葉の頃はこんな感じ。
人まみれだよ、本当に。
おまけに、この時期は拝観料がかかる。

231204_momiji6.jpg

まあ、観光地は、どこもこんなものかな。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ゆうらりと母のとなりに眠る夜は [映画・TV・美術・文学の話題]

ゆうらりと母のとなりに眠る夜は
登場人物なき夢をみる
(俵万智)

部屋にかけてあるカレンダーの
5月にあった、俵万智の短歌。

5月の母の日がある月に載せる歌か?と思う。

だって、「ゆうらりと」でしょ?

おそらく、この母は
もう危篤状態か、介護が必要な状態なのだと思う。
そばに付いて寝ている「私」はもう疲れ果てていて
「ゆうらりと」倒れ込むように、母の傍らに眠っているのだ。


そして、見た夢は
自分がたったひとりでどこかにいるような
暗い暗い夢なのだ。

こわー。

と思っていたが、
実際の作品は
そんなに暗い歌ではなかった。

解説はこちら。


続きは、こちらから


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

京都芸術花火2018・・・ご存じでしたか? [映画・TV・美術・文学の話題]

京都に住んでいながら、
こんなイベントがあるのを全然知らなかった。
それも道理、今日が第1回だって。

300530_Kyoto-geijutu-hanabi.jpg

サイトの説明いわく

京都に新たな「芸術花火」が誕生

文化庁京都移転決定を記念し
日本の伝統的な花火と音楽をシンクロさせた
新しい「芸術文化」を創造する花火大会が
京都に誕生します!!


だそうだ。


動画はこちら。いきなりうるさいです。




これから定着していくかな?


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたら [芸能・音楽・スポーツの話題]

 6日に行われた日大との定期戦で
負傷した関学大のQB奥野耕世選手(2年)が、同戦以来となる実戦復帰を果たした。

 3週間ぶりの試合出場を終えると
「ケガの不安があったけど意識せずにプレーした。
練習できなかった時に頭の整理をしたことを生かし、ディフェンスをみて、落ち着いてできた」
と振り返った。

 そして日大のDL宮川泰介選手(3年)に対しては
「宮川選手はフットボールをする権利がないと言っているけど、それはまた違う。
フットボールの選手として戻ってきて、グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたらと思います」
とコメントした。
(2018.5.27 17:34配信 日刊スポーツ)

無事に復帰できたんだ・・・
良かった、本当に良かった。

これが万が一、脊髄損傷で寝たきり、
なんてことになっていたら、
内田前監督と井上前コーチは、辞任どころでは済まなかっただろう!
(今も済んでないけど)
事実、関西学院には、過去にそういう事件もあったんだから。

(故意ではなかったようだが)

そして、

「グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたら」


若者らしいまっすぐな思いに
涙が出ますね。

自分にけがをさせた相手に対して
なかなか、ここまではっきりとは
言えないと思う。

私なら
「宮川選手も大変だと思うが、がんばってほしい」
くらいでお茶を濁しそうな気がする。

大人たちも、うかうかしてはいられない。
奥野選手ははっきりと、
「もう一度、対戦したい」
と言っているのだ。

その願いが、
彼らが在学中にかなうように
できるかぎりのことをしてあげて欲しい。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「甘んじてお受けいたします」の意味 [芸能・音楽・スポーツの話題]

「関西学院大学から示された厳しいご批判は
甘んじてお受けいたします」

日大アメフト部の「悪質タックル問題」で
本日、関西学院大学が呈した結論(と敢えて言う)に対して
今夜、日本大学が出したコメントの一部だ。

これに対して
「サタデー・ステーション」で高島彩アナが言っていた言葉が正論だ。
(少し違うかもしれないが、このようなニュアンスだった)

「『甘んじて』というのには、
納得していないという響きがあります」

ネット辞書も

甘んじて

読み方:あまんじて

十分とはいえない境遇受け入れることを指す「甘んずる」(甘んじる)の連用形
甘んじて受け入れる」などの表現で用いられる。

とある。

確かに、通常なら
「関西学院大学から示された厳しいご批判は、謹んでお受けいたします」
「関西学院大学から示された厳しいご批判は、厳粛にお受けいたします」
と言いそうな場面だよね。

まあ、こんな細かいこと、
日本大学はどうでもいいんだろう。

それにしても、被害選手のケガは順調に回復しているようだ。
まったく不幸中の幸いである。

万が一、後遺症でも残っていたら・・・
その陰湿さにおいて歴史に残る大事件になっていただろう。
(今でも、大事件だが)

【追記】2018.5.27
東洋経済オンラインの記事をリンクしておきます。
「日大と関学、一体どこで明暗が分かれたのか?」

 

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

「万引き家族」がパルムドール受賞 [映画・TV・美術・文学の話題]

pen_hakushu.gif

映画に疎いので、
「あれ、『足が震えています』って作品だったっけ?」
と思ってしまったwww

だって昔は
「私は泣いています」とかいう歌もあったし(言い訳)。


300520_kiji.jpg

(朝日新聞デジタルさんのキャプチャー画像より)
日本人監督のカンヌでのパルムドール受賞は21年ぶり。


これって、賞をとらなくても観てみたい1本よね

「万引き家族」

予告編(音が鳴ります、注意!)

監督・脚本が、是枝裕和、

出演が、リリー・フランキーに樹木希林、
そして、このストーリーとなると、
見ごたえ、ありそう!
いや、「ありそう」じゃなくて「ある」よね、きっと。
 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

内田正人監督、あれは訛りでは?(ものすごく好意的に) [芸能・音楽・スポーツの話題]

以下、サンスポ・コムさんの
2018.5.20 5:04からの引用です。


日大・内田監督の「かんさい学院大」は侮辱
関西学院大OB激怒/アメフット

 テレビの前で怒りに震えていた。何度も何度も流れる「かんさいがくいんだい…」のフレーズ。
 伊丹空港で騒動後初めて公の場に姿を現し、辞任を表明した日大・内田監督は謝罪相手の名前を明確に間違っていた。
 
関学大アメフット部の黎明期にコーチを務め、退任後は連盟の要職を歴任した重鎮OBは烈火のごとく怒っていた。
 謝りに来て大学の名前を間違うとは失礼極まりない。50何年も定期戦をやっているのに…。きょうだけは間違えたらあかんでしょ。これは侮辱です」

 内田監督は少なくとも3度、間違った。その古参OBはこのシーンに今回の問題の一因となっている日大のパワハラ体質を指摘した。

 「(謝罪した)内田監督の横に部長さんらしい人もテレビに映ってましたが、間違いに気づいてなかったのでしょうか。間違ってますよ…と言ってあげることができなかったのでしょうか。それともみなさん『かんさいがくいん』と思っているんでしょうか」。大学の常務理事を務めるNO・2の間違いを指摘できないほど、組織として硬直化しているのか。日大を挙げて間違っているなら、救いようがない。

私もこの場面をTVで観たが・・・
確かに「かんさい」に聞こえるが・・・


これは、どうかなあ?

なまってたんじゃないの?
という気がする。

ただ、こんな場では、はっきりと
「かんせい」と発音する!
くらいの意識は必要だっただろう。

続きは、こちらから


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

京都○業大学のなぞの広告 [とりとめのない話題]

電車でみかけた
京都○業大学のオープンキャンパスの広告。

なんだか、不思議な・・・???

300519_kyousanndai.jpg

まず、なぜか女子高生ばかり写している。
共学の大学なのに、なぜ女子だけ???

そして、このポーズ。
手に持った紙飛行機を
各人が飛ばそうとしているのだが
飛ばす先は、海である。

この紙飛行機が
はるか向こうに写っている島まで届くとは思えない。
すべて、途中で海へ落ちて
ゴミとなって、海を汚すだろう。

ということは、この子たちは
「海へごみを捨てる」
のと同じ行為をしているのだ。


詩も、不思議だが、これについてはこの一点を。

最後の1行「つくって行くんや」、
なんで、ここだけ関西弁?
「つくって行くんだ」ではいけないのだろうか?
ほかの行は全て、標準語なのに。

関西人の私でさえ、そう思うのだから
他府県の人から見たら、
ここはもっと違和感を感じるのでは?

もちろん、作者きむさんの意図があるのだろうが・・・

実際にこの広告を必要とする高校生たちには
このあたりはどう映っているのか、
ちょっと聞いてみたいものである。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

これって、スッポン? [とりとめのない話題]

本日5本目の記事。
ひまなんだね、ひょうさん。

今日のウォーキング、市内中心部の池を散策。
水面にいた大きなカメにびっくり。
一緒に写っている(右上)のは、ミドリガメ?

300518_suppon1.jpg

でも、へんな形のカメだな。
300518_suppon2.jpg

ていうか、これって、もしかして、スッポン?
300518_suppon3.jpg

こんな普通の池に、普通に生息しているんだね。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

「太陽がいっぱい」こんなに暗い映画だったの? [映画・TV・美術・文学の話題]

書くのが遅くなったが、
4月にアラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」を観てきた。

ちなみに、一緒に観た友人は
姪御さん(中学生)がアラン・ドロンを知らなかったそうだ。
うーむ、そうかもしれない。

が、中学生の姪御さん、
さささとスマホをいじって、
友人に画面を見せて
こうおっしゃったそうである。
「このオッサンを観に行くの?」

ちーがーうー。

まあ、それはさておき「太陽がいっぱい」である。
実は、初鑑賞である。
リメイク版(「リプリー」)は観ていたが、覚えていない。

続きは、こちらから


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の20件 | -
メッセージを送る