So-net無料ブログ作成
検索選択

お市の方は織田信長の愛人?! [映画・TV・美術・文学の話題]

角川文庫「戦国を生きた姫君たち」(火坂将志著)

乱世の時代を生き抜いた戦国女性25名の評伝。
これが意外に、知らないことだらけだった。

司馬遼太郎の「国盗り物語」を愛読した私は
織田信長の正室・濃姫は、本能寺の変にて信長と共に亡くなったと思っていた。
(「信長協奏曲」も読んでおくべきであった)

史実は、六百貫の化粧料を受け、1612年に亡くなっていた。
六百貫って、いくらよ?
と思って調べたが、ネットもいい加減で、3000万円~6億円まで、バラバラ。
しかし、まあ仮に3,000万円としても、大した「遺族年金」ではある★

また、織田信長の異母妹の小谷の方(お市)は、
実は信長の従妹で、恋仲だったという説もあるそうな。
しかも、お市の長女・茶々(のちの淀殿)は、信長の娘だったという説まで?!
いやいや、奇想天外。

その他、今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公である井伊直虎や
今川義元の母・寿桂尼なども載ってます。

書店で、パラパラと立ち読みするだけでも面白いです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戦国を生きた姫君たち (角川文庫) [ 火坂 雅志 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/7/30時点)


 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る