So-net無料ブログ作成
検索選択
肺ガンだった父の話題 ブログトップ
前の10件 | -

小林麻央さんの強さに思う [肺ガンだった父の話題]

先ほど、TVで
市川海老蔵の妻で、乳がん闘病中の
小林麻央さんがインタビューに答えていた。

小林麻央のブログ「KOKORO」

インタビューでは元気そうだったが、
もうステージ4で、
肺や骨にも転移しているときく。

あれは痛いだろう。
2011年に肺がんで亡くなった私の父は
闘病中には、
あまり痛みを訴えなかったが
日記に
「一日中、痛みと共に」
と、ただそれだけを、
何日も何日も何日も
書き続けていたことを知ったのは
父が亡くなってからだった。

麻央さんだって、
とても耐えられるものではあるまい。
「心が折れる」どころの痛みではないだろう。

その状態で、よくTVに出られたと思う。
おそらくは、その映像が
幼い子供たちが目にする「元気な母」の
最後の映像になることを
意識しての、覚悟の出演であろう。

それでも、
今日(2017/01/09)の
彼女のブログの記事のタイトルは
「食べること」
だったが、
ネコの試食ほどの量の食事を食べることに
苦心している様子が書かれていた。

亡くなる3か月前の父が、
ちょうど、こんな感じだった。
おかずはすべて「一口盛り」にしないと
目だけでやられてしまって
食べられないと言っていた。

無理に固形物でとらなくても、
「メイバランス」などの
栄養剤もあるよ。
父も、これと「エンシュアリキッド」とかを
飲んでいた。
どんな手を使ってでも、栄養を摂って欲しい。

5年、10年、生きたいと願っていた麻央さん、
がんばれ!
まだまだ若い、体力だって望みはある。
負けるな!



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

彼女は無罪放免 [肺ガンだった父の話題]

トヨタ自動車の役員だったアメリカ人女性が
日本では自由に扱えない薬を、こっそり輸入して
逮捕されていたのだが、不起訴になった。

オキシコドン。
錠剤名:オキシコンチン、顆粒はオキノーム。
4年前に、父が死の間際まで飲み続けた
医療用麻薬だ。
日本では取扱いに厳しい規制がある。

この薬、アメリカでは処方箋さえあれば
簡単に手に入るらしい。
ネットで見ると、抜歯の後の痛み止めに出してもらったとか
本当に「バファリン」感覚のようだ。

おそらく、ジェリー・ハンプ元常務も
そうだったのだろう。
そして、日本では手に入りにくいことも
知っていたのだろう。
でないと、ネックレスの箱の底に
こっそり隠して持ち込むか?
かなり悪質だと思うけどな、私は。
超・厳密にいえば、「麻薬の密輸」でしょう?

まったくの不起訴というのは、
なんとなく、腑に落ちない。
どこかから、何かの力が動いたのかなーと
考えてしまう。

いずれにせよ、父がガン闘病の末期に
命を削って飲んだ薬が
外国では、軽い痛みどめにも使われていたというのは
何だか、とても不思議で不可解な感じだ。

7月8日は、父の命日。
気が付けば、もう過ぎてしまった。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

「たま駅長」死す [肺ガンだった父の話題]

和歌山電鉄貴志川線の「たま駅長」が
22日に急逝したことが25日に報じられ、
28日に社葬が営まれた。

このネコをみていると、亡き父を思い出す。
2010年、「たま」が「執行役員」に就任いたという
ニュースを聞いて、父が怒鳴ったことを。

「アホぬかせ、役員は役員登記が要るんや、
 ネコが登記できるかっ!」

いやあ、日本中の人がそう思ったと思うけど
執行役員はなんと、
役員登記なしに就任できるのであった。

父は残念なことに、
勤めていた会社で役員になることができなかった。
それだけに、「ネコが役員就任」というニュースに
過剰に反応したのだろう。
その気持ちがなんとなく、わかる。

父が生きていたなら、
この「たま駅長、死す」というニュースに
なんとコメントしただろうか。

たま、16歳。
人間なら、80歳ほどだったという。
父と同い年だった。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

「余命3ヶ月」・・・父の場合 [肺ガンだった父の話題]

ジャニーズの大野智クン主演のドラマ
「今日の日はさようなら」
を観ていて、
もう、涙、涙。

2年1ヶ月前に亡くなった父を思い出す。
抗がん剤治療、余命告知、
ああ、そんなことがあったと。

ただ、余命告知だけが違っていた。
「余命3ヶ月」

父は、余命3ヶ月をすっとばして、
7月4日に「余命1ヶ月」と言われ、
1ヶ月どころか、7月8日にこの世を去った。
最後の生活など、なかった。

本当に、あっと言う間だった。

このドラマのように、生きる(死ぬ)のが良かったけど
それは叶わぬ望みだった。

まあ、人間、いろいろな生き方がありますよね。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

時給36,000円のお仕事 [肺ガンだった父の話題]

お盆に来ていただくお坊様の読経は短いと
それは、あらかじめ聞いていた。
10分程度で終わって、
お茶だけ飲んだら、速攻でお帰りになると。

「本日11時前後に伺います」
とのことだったが
11時30分を過ぎてもお見えにならない。
(あれー、遅いなあ)
と思っていたら、ピンポンピンポンとベルが鳴り
玄関ドアを開けるのももどかしいように
お坊様が急ぎ足で入ってこられ
私たちが座る前にもう読経が始まった。

読経後、お茶を一口だけ飲んで、
お帰りになったのは、11時40分。

さすがに、母と顔を見合わせた。
「早かったね」
「本当に…(読経は)5分だったねえ!」

続きは、こちらから


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

今年も「六道まいり」 [肺ガンだった父の話題]

0000_dummy.jpg
アップするのが遅れたが、
今年も、9日に京都市東山区の六道珍皇寺へ
お盆の前の「六道まいり」に行ってきた。
昨年のお参りのドタバタぶりはこちら

高野槙であるが、
昨年は、寺で入手できず困ったので
今年は、予め買って持っていった。
地元のフラワーショップで、1本290円の激安品である。
(普通は350-400円、寺で買う「純正品」は550円)
ここまで安いと、さすがに根元がちょっと曲がってた[わーい(嬉しい顔)]

  浅学な私は知らなかったが、
  高野槙は秋篠宮家の悠仁さまのお印である。

  (参考画像)(参考画像)

鐘をつくまでの待ち時間が長い(20-30分)ので
あらかじめ読む本を持って行った。
が、待つ道は暗くて、電子書籍リーダーが見えない[ふらふら]
仕方なく、iphone5で読書した。
うー、スマホを持っていて良かった。

しかし、この「六道参り」はいい。
夜に鐘をつき、水塔婆を濡らして
先祖の霊を持ち帰るという風習だけど
あの独特な雰囲気がいかにも「霊界!」って感じで
エキゾチックというか、オカルトというか。

時間があるなら、また来年も行こう。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

父の命日の過ごし方 [肺ガンだった父の話題]

今日は父の命日。
しみじみと、2年前の
あの日のことが思い出される…

なんて感傷に浸る時間もなく
押し寄せて来る仕事!!

あー、今日も忙しい。
さて、今日は何時に帰れるかな?

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

三回忌 [肺ガンだった父の話題]

今日(もう昨日か)は、父の三回忌。
本当に近い身内だけで、小ぢんまりと行った。
もうすぐ、丸2年経つのか。

早いもんだな。

でも、いまだに正座に慣れなくて…
読経が終わってすぐ、
お坊様にお茶を出そうと思うのだけど
足が痺れて、立てない。
仕方なく、座敷の中を膝行していって
台所へ向かうというていたらく。

人間、なかなか進歩しませんわ☆


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

父の心臓は「右脚ブロック」 [肺ガンだった父の話題]

先週のNHK「総合診療医ドクターG」で
心電図と心臓の血液の流れについて
右脚(うきゃく)ブロック
という単語が出てきた。

私は初耳だったので、
「へー、
 こんな変わった心電図を描く
 心臓の動きがあるんだねぇ」
と、傍らにいた母につぶやいたら、
母は
「お父さんも、右脚ブロックだったよ」
と言った。

えええー、それこそ初耳!

続きは、こちらから


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

東京スカイツリー開業1周年と、父 [肺ガンだった父の話題]

今日(2013年5月22日)は東京スカイツリーが開業して1年だ。

  22日午前に発表された
  東京スカイツリーの1年の来場者数は、
  およそ638万人と、640万人の目標には
  一歩及ばなかったが、
  商業施設「東京ソラマチ」を合わせると、
  およそ5,080万人となり、
  東京ディズニーリゾートの倍近い数字となっている。
  この予想以上の人気で、
  経営母体の東武鉄道では、
  2012年度純利益が、およそ8割増えた。
  (同日のFNNニュースより)

東京スカイツリーというと、父を思い出す。
今から約2年前、
2011年6月7日に、私はこんな記事を書いていた。
父との短い会話である。

  TVでは、
  東京スカイツリーの開業日が決まったニュースをやっている。

  「開業はいつなんや?」
  「5月22日だって」
  「え? 5月?」
  「ああ、来年の5月22日よ、お父さん」
  「そうか、来年か…。
   わしは残念ながら、もう、この世にはおらんだろうな」

この言葉どおり、
父は、この会話からわずか1ヵ月後の
2011年7月8日に、この世を去った。
東京スカイツリーの完成を見ることはなかった。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 肺ガンだった父の話題 ブログトップ
メッセージを送る