So-net無料ブログ作成
検索選択
恋愛の話題 ブログトップ
前の10件 | -

さすが松田聖子…再々婚発表、相手は大学准教授 [恋愛の話題]

 歌手の松田聖子(50)が13日、
大学准教授の一般男性と婚姻届を提出したことを発表した。
「今までずっと私を支えてくださったファンの皆様に
 最初にご報告をさせていただきます」
と自らのオフィシャルサイトで報告した。
 3度目の結婚となる聖子。
「今年50歳を迎え、同世代の伴侶と新たな人生を歩きだしますが、
 これからも皆様の心にずっと残っていくような歌を歌い続けて
 いけるよう、一生懸命頑張ってまいります」
と心境をつづっている。
 所属事務所によると、結婚会見は行わないという。

 聖子は1985年6月に俳優の神田正輝(61)と結婚。
長女・神田沙也加(25)をもうけたが97年1月に離婚した。
98年には6歳年下の歯科医と再婚するも、2000年12月に破局した。
(スポニチアネックス 2012年6月13日 13:31)

はー、さすがは聖子ちゃん。
1度目は人気俳優、2度目は歯科医、そして今度は大学准教授。
いいなあ、ハンサムでリッチな相手ばかり。
しかも、今度は「同世代」だって。
若い男に媚びたのでもなく、金持ちのジジイにすり寄ったのでもない。
誠に年齢相応のナイスチョイス。
  【追記 2012.6.19(火)】
  49歳の慶応大学の口腔外科の先生だそうです。

はー、さすがは聖子ちゃん。
某歌姫や某女優さん、見習いたいですよねー。

あ、書くのを忘れていたわ。

ご結婚おめでとうございます。
今度こそ、末永くお幸せに!



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:芸能

Mさんへ [恋愛の話題]

今、喪中の私に
これを言う「資格」は、本当はないのかもしれない。

お祝いの花束
photo by Photo Library http://www.photolibrary.jp/


でも、いいよね。ここでは。
心からの花束を捧げます。

ご結婚
おめでとうございます。
どうぞ末永くお幸せに!
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

渡せなかったバレンタイン [恋愛の話題]

むかし、一度だけ、
バレンタインデーのチョコレートを渡せなかったことがある。
相手は、進学塾の先生だった。

あの日は2月13日で、
私はK大学(大阪・第2志望)とK女子大学(京都・第3志望)の
両方の合格発表をその日に控えていた。
まだインターネットも個人情報保護も携帯電話もない時代、
合格発表は、合格者番号が堂々と、
大学内に張り出される方式だった。

当日10時、母がK女子大へ、私がK大へ発表を見に行き、
12時、河原町四条の阪急百貨店前で落ち合うことにした。

そして、12時。
「ひょうちゃん!」
「お母さん、K大、受かってた!」
「K女子大も受かってたえ!」
「良かったぁぁぁ!!」

今、こうして書いているだけで、
あの頃の幸せな得意げな気持ちがまざまざと蘇る…。

pen_naku.gif (うれし泣き…)

母と食事をして、地元の駅で母と別れた後、
私はまず、進学塾へ向かった。
合格の報告をするためである。
その時、私は
ちょっと高い小さなチョコレートを鞄に忍ばせていた。
高3クラスの担任だった先生に渡そうと思ったのだった。
セリフもちゃんと、頭の中で考えていた。

「先生! K大とK女子大、受かったよ!」
「おお、ひょう、良かったな!(大振りの握手を交わす)」
「で、先生! これ」
「お、チョコレートやんか」
「お世話になった御礼です!」

うん、これでいい。
  

続きは、こちらから


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

問い方で答えが変わる質問…結婚問題 [恋愛の話題]



こういう記事を見ていると、いつも思うんだけど、
「適齢期になったら結婚しなければならないと思うか」
と聞けば、
大半の人が「ノー!」と声を荒げるであろう。

でも、
「すてきな人と出会えたら、結婚したいか」
と聞けば、
かなりの人が「イエス」とうなずくのではあるまいか?

「結婚は個人の自由だから、結婚してもしなくてもどちらでもいい」

こんな聞き方、意味があるのだろうか?
「はい」がどっと付きそうな質問の仕方ではないか。

「結婚は個人の自由だが、いい人がいれば、結婚したい」

と聞けば、これにも「イエス」と答える人が多いのではないか?
そうすれば、
「できれば結婚したい」7割に 内閣府調査
とかになるわけだ。

これも一種の情報操作じゃないかなあ。

それにしても、こんな「恣意的に思える調査結果」を
わざわざ発表してる内閣府って…。

「これぞ、税金の無駄遣いだ」と思うのは私だけ?
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

もともと「18禁」でしょ? [恋愛の話題]

某大手新聞に出ていた広告。

210813_konkatsu.jpg

「オトナの婚活」って・・・
結婚相手を探すのは、もともと、大人のすることだろ。
それとも、「コドモの婚活」があるのか?!


どうも、最近、
「大人の(オトナの)」という表現が
「上質の」「信頼ある」あるいは「大量買いの」など
意味が変わってきているように思えてならない。

そういえば、「大人買い」って単語も、
「熟考の末、買うことを決断する」
あるいは
「売春」
のことかと思っていたら、全然違う意味だったよね。

この「大人買い」、
「大人げない買い方」の略だという、皮肉な解説サイトもある。
それだけ、「大人」という単語に重みが無くなったのか。
 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

何でも「ワリカン」ってわけには・・・ [恋愛の話題]

読売新聞の掲示板サイト「大手小町」で、
ものすごい男性を発見。

「二股をかけた元カノの呪縛を断ち切るには」

「二股」「呪縛」など、おどろおどろしい単語が並ぶので
「何なの?」
と思って読んでみたら、
中身は・・・

36歳の男性のやることとは思えません・・・。

怖すぎ・・・。

私もむかし、お見合いで1ヶ月ほどだけ
交際した人がいたけど(注:デート3回、手も繋がず)、
交際を止める時に、紹介者の方から
「先方さん(相手の男性)が
 『3回分の食事費用とか、
 僕が全部払ったのに』
 っておっしゃってきたから、お返しなさった方がいいわ」
と言われて、
1万円ほど商品券を包んで(やはり多めの金額)、
お返ししたことがあります。

ま、それは「お見合い」だから、
元々「ワリカン」が原則だし、理由はわかります。

でも・・・
恋愛でも、やっぱりこういう発想になるのかしら?

しかも、13歳も年下の女の子相手に、3,600円って・・・。
しかも、派遣会社も辞めろって・・・。

怖すぎ。


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:恋愛・結婚

スバリ、これが当たってます「バレンタインデー特集」 [恋愛の話題]

アサヒ・コムですごいサイトを発見。
女性の立場から言って、これ、ズバリ、当たってます。
 
210214_vd.jpg

 

すみません、「ご自宅用」を買いました・・・。
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

バレンタインに36個ものチョコレートをばらまいた彼女 [恋愛の話題]

1月以来、1ヶ月ぶりに姪の顔を見た。
 
 
最近のバレンタインデーは、
「本命チョコ」「義理チョコ」の2分類ではなく、
「本命チョコ」「義理チョコ」「自分チョコ」「友チョコ」「逆チョコ」など
様々な分類があるのは知っていたが、
中学生の姪には負けた。
 
なんと、36個もばら撒くのである。

もちろん、これだけの個数、
1日でバラまくのは不可能なので
「金曜と今日と、月曜日で配る」そうで
ここまで来ると、壮大・・・・。
 
で、30個近くが女の子へ配られるというから
もっと驚く。
いわゆる「友チョコ」ってやつですかね。
 
配ったのは、これ。
(写真を撮る私も私だが☆)

210214_choco.jpg

紙袋の中身が、下のビニール包み。
手作りチョコである。
母親に手伝わせて作ったそうだ。
36個も配るなら、手作りしないと
コストがかさむのだろう。
 
「手作りできない子は、
 1枚105円の板チョコでもいいって
 いう『決まり』があるねん」
だそうで、もう、
「決まり・・・そりゃ何ですか・・・」の一言。
そこまでして配るんですか・・・
義理チョコどころのノルマじゃないねえ。 

当然、彼女自身も友人からいっぱいもらうわけですが。

バレンタインって・・・一体、元々は何でしたっけ????
 
6個は男の子に渡しただけでもマシか・・・。
   
ちなみに、「まだ余ってるから」ということで
37個目のチョコレートは、
我が父(彼女の祖父)がありがたくいただいた。
「おお、おお、ありがとう」
と目を細める父に向かって、一声、
「ホワイトデー、忘れんといてや」
だとさ。

これぞ、まさしく「エビで鯛を釣る」ですね。

 
 
 
今の中学生って、みんな、こんなものかしら?
 
 
そういえば、カバンには見知らぬ名前の名札がついている。
「卒業したセンパイの名札」だそうだ。
何で他人の名札なんか付けるんだ・・・?
そして、大きなぬいぐるみ。
カバンを持つのに邪魔だろうになあ。
 
面白いよねえ。
 
 
昔の言葉でいうと、これぞ「新人類」?
というか、私が「旧人類」なのね。
 
 
 
 

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

今年のバレンタイン [恋愛の話題]

前エントリ「『お仕事、大変ね』は禁句?」ですが、
やはり、うまく私の意見を伝えられないので
公開中止にいたしました。
読んで不快になられた方、ごめんなさい。
 

以下の記事は女性限定。男性の方はここでお帰り下さい。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

モテ論 [恋愛の話題]

某「2ちゃんねる」にあった言葉だそうです。
あまりに深すぎる・・・。

 

10人の男と10人の女がいたとする。
まず、いちばんもてる男に、女が3人くらい寄っていく。
2番目にもてる男も、負けじと2人くらい持っていく。

したがって3番目の男は、6番目の女と一緒になる。
以下、4番目の男は7番目の女と、
5番は8番と、6番は9番とカップルになる。
しかし、残る7番目以降の男にもプライドだけはあるので、
最後に余った10番目の女など誰も相手にしようとしない。

さて、上位の女を独占したNo.1&2のモテ男も、最終的には
一人を選ばねばならないから、ここで3人の女があぶれる。
でも、すでにモテ男と付き合った経験のあるこの3人の女は、
いまさら下位の男と一緒になろうなどとは考えない。

こうして、互いに性質の異なる独身男と独身女が残る。

  男  女
1 ○  ○
2 ○  ×
3 ○  ×
4 ○  ○
5 ○  ×
6 ○  ○
7 ×  ○
8 ×  ○
9 ×  ○
10 ×  ×
 
 

男性の皆さん、同感できますか?


 


nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の10件 | - 恋愛の話題 ブログトップ
メッセージを送る